うどん芸、すべらない話でおなじみの「ほっしゃん。」が改名。引退も考えた!?



すべらない話やうどん芸などでおなじみの

「ほっしゃん。」が本名の

「星田英利」(ほしだひでとし)に改名することに。

その理由とは何なのだろうか?

スポンサードリンク


ほっしゃん。改め星田英利さんのプロフィールはこちら↓↓

生年月日    1971年8月6日(43歳)

出身地    大阪府阪南市

血液型    A型

身長    168cm

学歴    上宮高等学校

出身    NSC大阪校9期





【旧芸名の由来】

星田(ほっしゃん)さんは、同期の

矢部浩之さん(ナインティナイン)に勧められ、

呼び名を芸名にしたそうです。

さらに字画の問題から、

つんくさんに末尾に句読点をつける事を

提案され、旧芸名が誕生したそうです。

つまり、名付けの親は

矢部さんとつんくさんになる訳ですね。

そんな名前をどうしてこの時期に変えようと思ったのでしょうか?




【改名の理由とは?】

星田(ほっしゃん)さんが改名をする事になった理由とは、

挨拶のときに「自分の名前を噛んでしまったから」だそうです。

本人にとってとてもショックだったようで、

引退するか名前を変えるか真剣に悩んだそうです。

そして、8月6日の誕生日を機会として

改名に踏み切ったようです。

確かに自分の名前を噛んだりしたら、

しゃべりが仕事のお笑い芸人としては

相当傷ついてしまうでしょうね。


スポンサードリンク





「支配人の一言」

最初は自分の名前を噛んだくらいで

大げさだとも思いましたが、

自分を戒めるという事では

良い機会なのではないでしょうか。

個人的に大好きな芸人さんなので、

これからも星田(ほっしゃん)さんを応援していきたいと思います。

ただ、しばらくは「星田英利」の名前は

浸透せず、「ほっしゃん。」と呼ばれてしまうでしょうね。

スポンサードリンク

 
| お笑い芸人 | 01:49 | comments(0) | - | - |
 
 
 
 
COMMENT
ADD YOUR COMMENT