DAIGO、24時間マラソン挑戦に、ネット上で日テレ批判多数





歌手で、タレントのDAIGOさんが、

26日、「24時間テレビ38」の

チャリティーマラソンランナーの

オファーを受けることを

生放送された同局系「幸せ!ボンビーガール」

に出演し、発表しました。

「HM(走ります)」と答えた

DAIGOさんですが、

ネット上からは同情と

日本テレビに対する批判の発言が

相次いだのです。

その理由は、DAIGOさんを

走らせようとする

搦め手が原因でした。


 



スポンサードリンク



【やり口が汚い?】

事の発端は、19日放送の

「幸せ!ボンビーガール」

での事でした。

番組内でサプライズに近い形で

オファーを受けたDAIGOさん。

しかし、DAIGOさんは

全国ツアーを控える身。




事務所側もこのオファーを

渋っていたそうです。

そこで、日本テレビは生放送で

オファーをし、

1週間の猶予を与えて

翌週の生放送で受けるか受けないかを

発表する形にしたのです。

こんなの、受けざるを得ないですよね?




【ネット上の反応】

ネット上では、

「断るに断れんだろう・・・

受けてしまった以上は頑張って!」

「まあ、あの場でオファーが来た時点で

拒否権ないようなものだな」

「本当に今回の選び方には腹が立ちます。

ダイゴさんには断って欲しかった」


など、批判のコメントが

数多く出ていました。

それと同じくらいに

DAIGOさんを激励するコメント、

同情するコメントが目立ちました。




スポンサードリンク




「支配人の一言」

どこまでが茶番なのか

はっきりとは言えません。

しかし、無理矢理走らせるマラソンなんて

いりますかね?(笑)

この騒動が全部やらせなら、

それこそ本当に必要なのか

疑問に感じてしまいますね。

どちらにせよDAIGOさんには頑張って

いただきたいですね。



スポンサードリンク


 
| 男性歌手 | 09:17 | comments(0) | - | - |
 
 
 
 
COMMENT
ADD YOUR COMMENT