鹿児島県三島村への移住受付中止。海外から応募殺到が原因?





「移住してくれたら、子牛一頭か50万あげるよ」

「月額8万5千円も助成するよ」


このように言われたら、

移住を考える方も多いのではないでしょうか?

この移住受付をしていたのは、

硫黄島など有人の3島などで構成されている

鹿児島県の三島村です。

この移住キャンペーンに、

応募が殺到したことで、

現在受付は中止しているそうです。

どうやら海外からの応募が殺到したようなのですが、

この件について調べてみました。


 



スポンサードリンク



【三島村とは?】

この移住支援を打ち出したのは、

鹿児島県にある三島村と言うところ。

硫黄島、黒島、竹島の3島で

構成されている村です。

ちなみに、しらべて見たところ、

韓国などと領有権問題に発展している

竹島は島根県の島で、

こちらは完全に別の島だそうですね。

また、硫黄島も、

小説などで話題となった島は東京都に属している島で、

こちらも全く無関係の同名の島です。

総人口は400人程で、

村おこしの一環で今回の移住援助を

打ち出したようです。




【応募殺到で受付を中止?】

この三島村に移住した際の特典として、

・最大3年間の助成金の支給

・引っ越し費用として10万円か、フェリー費用のうち

いずれか一方の低い額を支給

・子牛1頭か、50万円支給


という特典を出したのです。

これはとても魅力的ですね!

特に子牛が(笑)

助成金も世帯によって変わるようで、

1人世帯ならば月額8万5千円だそうです。




その移住受付に、応募が殺到したそうなのですが、

4月28日〜5月14日にメールでの応募が189件寄せられ、

うち9割の約170件が

セルビア、クロアチア、ブラジルなどの海外からだったそうです。

主に欧州や南米からの応募が多いそうですが、

なんとセルビアからも

「詳しいことが知りたい」

と、問い合わせがあったそうです。

どうやらインターネット上で、

この募集が話題となり、

海外で紹介されたことが今回の騒動の原因のようです。

現在再開のめどはたっておらず、

「どういう経緯でセルビアまで情報が届いたのかわからない。こんなことは初めて」

と村の担当者は首を傾げているようです。




スポンサードリンク




「支配人の一言」

担当者の方にとって、

まさに目から鱗の状態だったでしょうね(笑)

しかも、そのほとんどが

海外からの希望者とあって、

対応を決めかねているのでしょう。

しかし、子牛1頭の他にも助成金が出たりするなど、

かなり手厚い待遇ですよね。

興味がある方は、募集が再開するのを待って、

応募してみてはいかがでしょうか?



スポンサードリンク


 
| 最新時事ネタ速報 | 15:05 | comments(0) | - | - |
 
 
 
 
COMMENT
ADD YOUR COMMENT